河川敷を訪ねて・・・①

レポート続きの9月も終わり、久々に昆虫採集に出掛けてきました。
後輩とともに向かったのは栃木の某河川敷。
今回の目的はツマグロキチョウ&カワラバッタです。
ツマグロキチョウはそれなりに珍しい虫ですが、食草があるところでは結構な数がいるという情報をもとに今回のメインに据えてみました。

茨城から車を走らせること1時間ほどで、隣県・栃木の河川敷にやってきました。
しかし!正確なポイントなどは知るよしもないので、とりあえず適当な場所に駐車。
降りると、モンシロチョウ他、白や黄色の蝶が田んぼの畦を乱舞していました。
お目当てのツマグロキチョウとはどんなものなのか…。
見たことのない蝶なので、想像もつきません。
2、3匹の黄色い蝶を捕まえてみても全部がキタキチョウでした。

まぁ、そんな簡単にはいかないか~と、
バーベキューをしている人を横目に見ながら、何の変哲もない河川敷を歩き始めた途端でした。
ひときわ小さくて、地表すれすれを飛ぶ怪しいキチョウを発見!
「こいつはただのキチョウじゃない!」
確信をもとにネットに入れると…
先のとがった羽、裏面に入る模様…!これぞまさしくツマグロキチョウでした。
到着早々初めて見る蝶と出会えてテンションも上がります。

Dsc05458
▲枯草に止まるツマグロキチョウ(2010.10.3,栃木県)

さて、よく周りを見渡してみると、同じように地表スレスレを飛ぶ黄色い蝶がちらほらいました。
地面や草によく止まるのはほとんどツマグロで、普通のキチョウとはちょっと違った飛び方をしているようです。
人気のない河川敷に移動すると、そこにも結構な数がいて、中には交尾中のものも見られました。
久々にパシャパシャと夢中でシャッターを切りました。

Dsc05463
Dsc05493

石ばかりの河原を歩くと黒いものが飛び立つのが見えました。
…なんとサブ目標のカワラバッタではないですか!
飛翔した瞬間に見える後 翅の青い模様がとても綺麗です。
人に敏感ですが、ほふく前進でゆっくり近づけば何とか逃げない程度だったので、撮影も完了…!
昼飯前に目標を達成してしまう幸先の良いスタートです。
後輩曰く、河川敷は場所によってはシジミチョウ系も面白いとのことなので、コンビニによってから別の河川敷も調べてみることにしました…
( その②へ続く)

Dsc05529
▲河原に適応した保護色を持つカワラバッタ(2010.10.3,栃木県)

Canvas1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱肉強食

Sany0058

木枯らしが吹き荒れ、茨城の最低気温は4℃程だったとか。
日中に外に出たというのにどうりで寒いわけです。
しかし、未だ11月の上旬であり、外は虫達が最後の活動をいている頃です。
我らが宿舎の壁は日当たり良好で暖かいのか、結構いろいろな虫が止まっていました。
そして、その中でも人目をひくのが成虫となったカマキリの類で、壁に大きな緑色の物体が止まっている姿が遠くからでも結構見えるのです。

Sany0059

悠々としているオオカマキリ。
観察していると、ハチやハエ・トンボといった虫がたびたび壁にぶつかるので、そうした虫を狙っているのかもしれません。
こんな緑色じゃ、擬態にもならないよなーと思ってみていると、別の場所ではオオカマキリとコカマキリが極めて接近していました。

Sany0067

オオカマキリは獲物を見つけたらしく、風に揺られているような"あの動き"。
コカマキリが一瞬動いた瞬間。
オオカマキリの鎌はコカマキリを完全に捕えていました。

Sany0068

厳密には共食いではありませんが、同じカマキリ同士の争いです。
その後、1時間かからないくらいの間に、コカマキリは完全に食べられてしまいました。
木枯らしという強風からか、澄み切った空の下で、生命の営みが行われていました。
いつ食べられるかわからない常に本気の世界です。

Sany0071

▲コカマキリを捕えたオオカマキリ(2009.11.3,茨城県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強行!筑波山2009・初秋

この日は以前からの計画通り筑波山に行ってきました。
交通手段は自転車。供はカズンさん…、目的はミカドミンミンです!

ミカドミンミンというのは、全身緑色の、いわば色違いのミンミンゼミのこと。
筑波山付近はその出現率の高い地域の一つであるらしいのです。
知る人ぞ知る?面白昆虫ではないでしょうか。茨城に来て筑波山に登らないのも勿体ないですから、二重の目的をもっての出撃です!

-------------------------------------------------------------

今年は残暑も穏やかで、早くも秋が色濃くなってきています。茨城でも稲が実りの季節を迎えており、道の両側は黄色一色…。
筑波山を背景に、東京の宅地では見られない光景が何だか嬉しくなります。

Sany0156

そのような黄金色の田んぼを抜けて、あと少しで登山口という時でした。目の前を大きなナガサキアゲハが横切り、花に止まっていました。少し前まで全然見られなかったナガサキアゲハですが、今年は関東でもきわめてよく出くわします。
そんなナガサキが、大きな羽をひらひらさせて花から花へと移っていたわけですが、写真を撮っていたところ、急にバタバタ!!と羽音をたてました。何だと思ってみてみると、地上4mはあろうかという花にカマキリがいたのです。
まさに一瞬。巨体が捕まる瞬間を目にしました。
カマキリは結構小柄のようなのですが、ナガサキは逃げることもできず、その羽の破片が舞い落ちてきました。
目の前で繰り広げられた、ちょっとした自然の営みでした。

Sany0173

ハラビロカマキリに捕えられたナガサキアゲハ(2009.9.6,茨城県)

さて、そこから自転車で急な坂を登ることしばらく…、筑波神社に到着しました。この辺りからミカドミンミンがいるらしいのですが、落ちているミンミンゼミは普通の色。
そう簡単に捕まるものではないようです。
麓には時期が微妙とはいえミンミンゼミが鳴いていましたが、とりあえず山に入ってみることにしました。
登山道を登っていくと夏の終わりを告げるツクツクボウシばかりが目立ちます。
ミンミンゼミの声はぱったりと途絶え、ごく稀にエゾゼミの声が聞こえるくらいです。
ちなみに初めて筑波のエゾゼミの存在を確認したのですが、姿までは見られず…。
そのうちに、特別保護地区に入ってしまったので採集も断念してしまいました。
さて、ここからは登山のための徒歩が続きますが、
ここで思ったのは標高の高い場所ではもうセミが鳴いていないことでした。
上の方ではもう気温が低すぎるのかもしれません。

男体山を経て女体山へ…。眺めはとても良く、関東平野の地平線や霞ヶ浦がよく見えました。以前、冬の新宿の高層ビルから筑波山を見たことがあるので、冬の澄んだ空ならばもっと眺めが良いに違いないです。
とは云いつつも、今日もとても澄んだ空。
頂上付近ではスミナガシが飛んでいたのですが、その背景はどこか秋空でした。

111Sany0220

左:頂上のノシメトンボ 右:スミナガシ(2009.9.6,茨城県)

登り始めが遅かったので、山を下り終えた頃にはもうすっかり夕方に!
ただ、麓の川ではヤンマ類が多数飛んでおり、ルリボシヤンマと思われる個体を捕まえました。トンボを注視するようになったのは最近なので、ルリボシヤンマとオオルリボシヤンマの違いがよくわからないのですが、 まぁそんな感じかなと^^;
茶色い体がちょっと新鮮でした。

Sany0235

ルリボシヤンマ(?) (2009.9.6,茨城県)

さて、トンボともおさらばすると、もう太陽が沈みかけているのに気付きました。目的のセミは全然ダメな結果でしたが、普通に登山が楽しかった1日でした。しかし、ミカドミンミンの失敗はなかなか悔しいもの…、来年こそミカドミンミンをこの目で見ようとここに宣言しておきます(笑

Sany0256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新学期と秋の訪れ

夏休みが終わってしまいました。多くの大学はまだ夏休みかもしれないのですが、始まるのが1か月早かった分終わるのも1か月早く新学期がやってきました。
昨日一昨日は雨はほどほどでしたが台風だったので、今日は久々の茨城の晴天でした。しかし、台風や選挙が過ぎ去ったあとは何だか秋っぽさが凄いです。皆はまだまだ暑いとか言っていますが、雰囲気は本当秋だと思います。空とか、そんな感じがしませんか?

Sany0072

▲ (2009.9.1,茨城県)

夜にはコオロギの鳴き声が目立ちますが、この時期はバッタやカマキリなどの系統が目立つ時期です。家の壁にもカマキリが付いていました。
ちなみに新学期は時間割がキツキツ…。ですが、火曜日だけは余裕があります。今日は火曜だったので大学内を散策すると、キボシカミキリが見つかりました。メスなのでしょうか、触覚がとても長くて魅力的です。

Sany0063

▲キボシカミキリ(2009.9.1,茨城県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナナとカマキリ

使おうかと思って使わなかったバナナトラップ…。
醗酵しすぎで袋はパンパンになっていました。そんなトラップを捨てるのも勿体ないので、近所のクヌギにちょっと掛けておくことにしました。
季節遅れのカナブンでも採れれば上々です。

Sany0171

さて、仕掛けた翌日の28日。昼間に来ていたのはゴマダラチョウだけで、結局カナブンを採れませんでした。しかし、ゴマダラがいたという事は虫は集まるということ。これは期待と夜にも調べてみました。

到着して懐中電灯をつけると、黒いものが落下!

やっちまった!と思った時には既に時遅しでした。コクワか何かが止まっていたのかもしれません。
黒い虫が去ったバナナには、なぜかハラビロカマキリが3匹もいました。
カマキリは樹液に集まる虫を狙うこともあると言いますが、まさかバナナトラップにも来るとは…。カマキリはバナナの場所を、バナナの匂いで判断したのか、それとも集まる虫を見て判断したのか…。今日は何となくそこが気になりました。

…負け惜しみではないですよ(笑

Sany0193

▲ ハラビロカマキリ(2009.8.28,東京都)

| | コメント (0) | トラックバック (0)