動き出した巨虫

夕暮れに大学構内を自転車で走っていると、もうミズキやそれ以外の木の花が咲いているのが目に入りました。
この間まで雪が降ったりしていたような…と思うのですが、初夏の到来はあっという間です。
一瞬、オレンジ色の物体が花にぶら下がっていたように見えたのですが、目が少し悪くなってしまったもので、一瞬スルーしかけました。
しかし、絶対何かいたと思って花の場所に戻ると、そこにはやはりというか、オレンジ色をした巨大な虫が付いていました。

巨大な虫というのは、世界最大のスズメバチこと、オオスズメバチのことです。
もう何週間か前から飛んでいるのを見かけはしていましたが、カメラに収めたのは今年では初でした。
むしゃむしゃと何かを噛んでいたので、何かを捕まえたのかもしれません。
この時期のスズメバチは特に危険なことはなく、餌を食べていた今回はいくら近寄っても何の反応もしてくれませんでした。

Dsc00997
▲ オオスズメバチ(2010.5.16,茨城県)

それにしても、厳つい体つきがつくづく凄みのある虫だと思います。
樹液場で再会する日も近そうです。

Canvas1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花咲いた

最近暖かくなってきたここ茨城。

引っ越したばかりのアパートの近くでは菜の花が咲いていました。

20100305120548

近づいてみると、むっと菜の花の香りがして昨年の春が脳裏によみがえります。

ミツバチがせわしなく蜜を吸っていて、空き地ではキタテハも飛んでいました。

キタテハは成虫越冬の蝶ですが、それでも蝶をみるのは久しぶりのことでして、どことなく春の雰囲気が感じられる1日でした。

ところが、明日からは天気が下り坂で、来週はまた雪が降るらしいです・・・。

今日あたり気の早い昆虫が羽化してしまったとしたら、寒さの鉄槌をくらうことになりそうです。

本格的な春はもう少し先なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズメバチの越冬

連日雪が降っては止んでの茨城県ですが、昨日今日はかなり暖かい陽気でした!
ついつい外に出たくなる暖かさということもあって、昨日は久しぶりにプチ虫探しをしてみました。

突入したのは旧アカマツ林。
旧と書いたのは最近枯れてしまった木ばかりだからです。
極相への遷移なのか、センチュウにやられたのかはわかりませんが、
あたりは立ち枯れのアカマツや、倒木ばかりでした。

そんな倒木を少し手で割ってみたところ…
越冬中のスズメバチを発見。

20100220155619
▲ モンスズメバチ? (10.2.20,茨城県)


モンスズメバチ…だと思います。
それっぽいような、違う模様のような…。
自信はちょっとないのですが、越冬しているということでどうやら女王のようです。

…女王は勝手に越冬部屋を空けられて怒り心頭のご様子でした。

ちなみにスズメバチの越冬を見たのは今回が初めてです。
彼女たちは木に穴をあけてそこに潜るのでしょうか、実によくできた部屋でした。
一応割ったところを元に戻しておきました。春まで生き残ることを願うばかりです。

201002201556461

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の通過とその傷跡…

10月8日。関東地方に接近した台風18号の影響で大学は休講でした。
休みか~!と思いつつも、どうせ雨なら勉強でもするかとたまには思っていたのですが、朝起きると意外にも青空が広がっていました。
しかし、とてつもない突風…
駐輪場の自転車はドミノ倒しになり、大学の木も何本か倒れていました(汗

学校が休みになる台風なんて凄い久しぶりなのですが、
台風の南東側は雨がなく風が凄いとも聞きますし、今回の台風はやはり威力が高かったのかもしれません。

さて、それでも午後には衝動(?)が抑えきれずに外に出てしまい、その他翌日に撮った写真も載せておきます。
台風の影響で道には様々な木の実が落ちていたのですが、中でも面白かったのがナツメの実。リンゴみたいな味がする…と、前に友達と食べていた実なのですが、台風で無数に落ちていました。
落ちたナツメは台風の傷跡です。とはいえ、そこには結構昆虫が来ているようで、チョウやハエに混ざってヒメスズメバチも来ていました。

Sany0146Sany0148

▲ ナツメに来たヒメスズメバチ(2009.10.9,茨城県)

ナツメに夢中な(?)ヒメズメバチ…。
近寄っても威嚇すらしてきませんでした。
ヒメスズメバチはおとなしい方らしいですが、久々にスズメバチへの接近です。

こちらは今や関東のどこにでもいるツマグロヒョウモン。
台風の過ぎたあとのまぶしい光でちょっと輝いているようです(笑
実際は強風の中、頑張ってセイタカワダチソウにくっついている様子です。
そういえば、外来種とはいえ、セイタカが咲き終わると虫の季節が終わる気がします。
これが咲いているうちはまだ楽しめそうです。

Sany0101

▲ ツマグロヒョウモン(2009.10.8,茨城県)

http://homepage3.nifty.com/kontyuunote/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹液の知らせる夏の兆し

先週の土日。

カブトが羽化してゴソゴソしてる!という連絡が実家から入ったので、カブトも引き取るべく東京に戻りました。狭い新居がさらに狭くなるのだから考えものです^^;

しかしまぁ、折角なので高校時代の後輩とともに山に行く事にしました。運転の練習も兼ねて車での出撃です。やはり慣れた林は虫も見つけやすいというか、到着後すぐに大きなスジクワガタを後輩が発見。大きさは測りませんでしたが、30mm近くあるようです。クヌギからは当然のように樹液の吹き出る季節で、コクワガタなんぞは至る所に潜んでいる様子。スズメバチが往復して、夏の雑木林を感じさせていました。

Dsc06618Dsc06626

スジクワガタ(2009.6.7,東京都) 

カッコイイ!と3人でスジクワガタをべた褒め…(笑。オオスズメバチの写真も何枚か収めました。茨城では今のところたいした樹液を見つけられていないので、何だか久しぶりの光景です。いや、茨城でもスズメバチやクワガタはいるのですが、何か違う感じがするのです。探索が足りないのかもしれません。梅雨になって曇り空の毎日ですが、時折差し込む陽の光は、すでに夏の暑さでした。

Dsc06665

オオスズメバチ(2009.6.7,東京都)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コガタスズメバチの巣

明日は日曜日。ちょうど期末考査の中休みといった所でしょうか。

最近スズメバチに興味津々なのですが、隣町の公園で最近よくお目にかかります。樹液があるってのは良いなぁと常々思うのですが、コガタスズメバチのような小さい種類だけでなく、オオスズメバチまで見れたのは驚きでした。小さな林があれば意外に生きていけるようです。

Dsc01464Dsc01400

左:オオスズメバチ  右:コガタスズメバチ(?)の巣

そして、その樹液の近くで後輩が発見したのが上の巣でした。広場のツツジにぶら下がるこの巣は、恐らくコガタスズメバチの巣ではないかと思います。もちろん、多分ですけれども・・・。

ちなみに、全然ハチが来ないので最初は空の巣だと思っていました。「先輩!持って帰りますか?」と言われて突いてみたら、中なからハチが・・・!(汗

まだ働き蜂に余裕が無いのか、襲ってくることはありませんでしたが、ちょっと迂闊でした。まぁ、今後しばらく観察しよう~。とか思っていたのですが・・・・。

・・・先日チェーンソーで潰されてました(涙

位置的にいずれ撤去されそうだなぁとは思っていましたが・・・。思ってはいましたが・・・!どうせやるなら、巣は文化祭で展示したかった・・・です。どうやら、草刈のおじさんがやってしまったようなのです。ちなみに、そのすぐ下には巣の残骸が。よく見るとツヤツヤの白い蛹がありました。

こういう時って、スズメバチは巣は作り直すのでしょうか。辺りを巣を失った?スズメバチがウロウロしていました。

Dsc01518Dsc01520_2

左:巣の残骸  右:コガタスズメバチ(?)の蛹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月初旬!①

今日は生物部の後輩たちと山へ・・・。

新入りの中学生が多いのですが、同級生はすっかり受験モードで遊んでくれない(笑

ま、まぁ、自分もうかうかしてはいられませんので、残りの連休中はしっかりと勉強しようと思います。そろそろ、「思います。」だけじゃすまされないのでしょうが・・・orz

今日の東京は曇りのち晴れ。3日は雨で今日は曇り。気温も低かったので長袖にしたというのに、現地に着くと途端に気温が急上昇!何だかもう・・・騙された感じです。

今の時期は例年通り(?)スズメバチが多く、わずかな樹液に群がっていました。この後初夏にかけては姿を消すスズメバチですが、久しぶりの羽音にちょっぴしビビリました。やはり久しぶりだと本能的に逃げたくなります^^;

Dsc00607Dsc00543

左:コガタスズメバチ(?) 右:わずかな樹液に群がる蜂と甲虫

ほかにも各種の蝶が多く、とりわけカラスアゲハがよく飛んでいました。

見る方向によって青になったり緑になったり・・・、ここまで綺麗な蝶がいるとは!と初めて見た時はびっくりした記憶があります。今でももちろん「おぉ!」と思いますけれども。

ただ、アゲハやモンシロチョウのような"純・住宅系統"のものが少なく、やたらヒメウラナミジャノメやスジグロシロチョウばかりでした。ちょっと暗いところにいる時間が多かったのかもしれません。

Dsc00619Dsc00628 

だがしかし、カラスアゲハもスジグロもヒメウラナミも写真を撮り忘れてしまいました。

特にカラスアゲハの良いのが無いのが残念・・・!撮れた蝶はベニシジミ(左)や今年はもう見れないと思っていたミヤマセセリ(右)など。ミヤマセセリは今まであまり撮れていなかったので、なかなか上々です。

また別の機会に、今度はハナムグリのことも書こうと思います。何気なく忙しいなかに更新できる時間を得られることを祈って・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合宿・スズメバチ軍団

20~22日にかけて生物部の校内合宿に行っていました。活動開始から約3年、公認から約5ヶ月。ようやく部室をもらえました。本当はもっと早かったらしいのですが、いざこざがあって合宿当日になってしまいました。

そんな事はさておき、昆虫班は山でビデオを撮ってこないと先に進めないので、中3の後輩のごじゃらしとともにいつもの山へ向かいました。が、着いてみて唖然。何だこのスズメバチの量は・・・!わずか5日前の15日にはこんなにいなかったのに、木という木がスズメバチだらけ。それも種類が豊富です。毎年秋が近くなるにつれてスズメバチの数と凶暴さは高まるそうですが、この中で樹液に近づくのはまさに命がけか・・・。実際はそうでは無いかもしれませんが、そう思ってしまいます。1つの木に十数匹、オオスズメバチ、ヒメスズメバチ、モンスズメバチ、コガタスズメバチの4種類が群がっていました。まるでスズメバチの博物館のよう・・・?

SuzumeSuzume2Dsc00008

上左:モンスズメ&コガタスズメ 上右:ヒメスズメ 下:オオスズメバチ (自信のほどはありませんので、間違っていたら教えてください。)撮影:ごじゃらし

最後はこちら。チャイロスズメバチです。他のスズメバチの巣を乗っ取るという特異な生態の持ち主で、小柄ながら結構強いらしいとか。他とは雰囲気の異なるスズメバチです。

Dsc00035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟻の戦争

夜更かしをしてしまうせいで、午前中は朝起きても朝食後にまた寝てしまいます^^;  ただし、今日は別です。新しい昆虫マットが届いたこともあって、起きて虫の世話をしていました。昼食後作業で散らかったベランダを片付けようとすると、何やら無数の蟻が白いベランダの床をうごめいています。普段からアリがベランダにいるので、どこかに巣があるであろう事は思っていました。でも、こんなにいたのか!という量です(アセアセ

しかし、どうも様子がおかしい。よ~く見てみると、互いに噛み付き合ったり、両側から噛み付いては反対側に引っ張るといった行為をしています。これが蟻の戦争か!と思って見回してみると、蟻がいたるところで戦っていました。

Sany0023

少し経つと戦闘の中心は最初の場所から移動し、一方の群れは後退している様子。後退した群れは、植木鉢の隙間から先からは通すまいといっているように、最後には植木鉢の隙間に集まっていました。無論、そこでの攻防は激しさを増します。植木鉢の外では一方的に攻撃を受ける蟻が多く見られました。

P1040603 P1040606

どんな種類なのかもわからず、巣もどこにあるのかわからないので、最後はどうなったのかわかりません。略奪は起こっていないようで、戦争の起因も不明です。ただ、30分の間、蟻達の激しい攻防が続いていました。

それにしても、1匹の蟻を集団で囲って八つ裂きにする戦法はちょっと惨い・・・かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)