エゾゼミの羽化

Dsc02823_2

長野県といえば山。
今回宿泊している地は山の上ではありませんが、標高はなかなかの高さです。
今頃は茨城でもうるさくセミ達が大合唱している頃でしょう。
東京ではもしかしたら北上したクマゼミの声が聞こえているかもしれません。

日本人にとってセミは夏の風物詩ですが、どんなサウンドが聞こえてくるかは地域によって違うようです。
例えば関東ではミンミンゼミは都市部から山までどこにでもいますが、
西の方ではミンミンゼミは局地的であるといわれています。
では長野ではどうなのか…。
よく聞いていると、平地の住民には聞きなれないセミの声がします。
今回聞こえたのは"エゾゼミ"の声でした。

Dsc02822
▲エゾゼミ幼虫(2010.7.24,長野県)

ちょうど宿にセミの幼虫を持ってきてくれた人がいたので羽化を観察しました。
エゾゼミの幼虫は初めて見ましたが、黒っぽくてゴツイ印象です。

Dsc02828Dsc02832
▲ エゾゼミの羽化。左が18:57、右は21:12に撮影(2010.7.24,長野県)

セミの幼虫は美味しい(!)という話もありますが、
ここは大人しく羽化を見るために網戸に止まらせました。
夕飯を終えてしばらくした頃、黒い殻をやぶって白い成虫が姿を見せました。
だんだんと羽を伸ばし、寝る頃にはピンと羽が伸びきっていました。
こういう羽化写真は、色の落ち着いた成虫の写真があってこそ完成なのですが、
自分が翌朝早くに起きれなかったせいで写真を撮れませんでした…。
今頃長野の森の中でギーギーと鳴いて、山地の夏を演出していることでしょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

擬死の達人

昆虫には『死んだふり』をするものが沢山います。
例えばクワガタムシ。
採集中にポトッと落ちてきたものや、飼育中に触ってみたものなど、脚を縮めてうずくまるものがよく『死んだふり』と呼ばれます。
しかし、少しでも慣れた人ならば「あっ!こいつ死んでる!」と騙される人は少ないはずです。

脚を縮めた姿は不自然だし、グッタリさも足りないと思うのです。

しかし、その道の達人が存在するらしく、今日は虫に騙されてしまいました。
その虫の名はクロシデムシと言い、大型で強靭なシデムシの一種です。
実は今長野に来ているのですが、観光目的でも採集目的でもありません。
生態学の実習で標識再捕獲や解析などの練習に来ているのです。
主にゴミムシなんかを練習台にしているのですが、それを捕るためのベイトトラップに今日はクロシデムシが来たということです。

Sany0073
▲ グッタリしたクロシデムシ(2010.7.24)

…取り出してみると動かないしグッタリしているしで、「あぁ~、これは死んでるわ~。」
と間違いなく死んでいると思っていました。
油断したその時!
『達人』は突然動き出したかと思うとその強靭なアゴで手を噛んでくる始末。
あわてて近くに放り投げてしまいました。
シデムシが死んだふりをするイメージもなかったので完全に騙されてしまいました。

よく考えたらクワガタの『死んだふり』は木から落下するものであって、元々地上徘徊性のシデムシにとっては脚を縮めるだけの擬死は意味がないのかもしれません。
そういえば、シデムシの天敵ってどのような生物なのでしょうか?

Dsc02811

さて、歯切れは悪いですが、長旅最初の6日間は長野からお送りしました。
あまり自由な時間はないのですが、更新できたら更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街灯に集まるカミキリムシ

夏になると夜の街灯が賑やかさを増します。
といっても、繁華街の街灯ではなく、どちらかといえば山の街灯のことです。
街灯に集まるガ・甲虫・カメムシ…。それを狙う鳥や虫屋さんなどなど。

大学にあるいつもの街灯も大型種を含めて様々な昆虫が沢山来ておりました。
夏本番を迎えてとグッと数が増えたようです。
今日は妙にカミキリが目立ち、ミヤマカミキリ・クワカミキリ・アオスジカミキリと大型のものもちらちらと見られました。

Dsc02672Dsc02664
▲ 街灯に来たアオスジカミキリ(左)とミヤマカミキリ(右)(2010.7.17,茨城県)

りだったので、身近なところにいたのが意外でした。
この日は数も少なくなかったので結構いるのかもしれません。
ネムノキを食害するらしいですから、幼虫の食べ物もそこそこあると思います。
ちなみにフラッシュで焚いたら、もともとあまり青くない『アオスジ』がさらに黒っぽくなってしまいました。
なかなか派手な模様のカミキリムシです。

ところで、この日は園芸部の集まりがありました。
機会あって途中で抜けて街灯を見に行ったので帰りにミヤマカミキリを持って帰りました。
すると「格好良い!」「やめろ!近づけるな!」と、意見が二分…。
カミキリムシは好みの分かれる虫だなぁとつくづく思いました。
自分もアゴが格好良いと思いますが、たしかに体に止まったら嫌な気がします^^;

そんなこんなで園芸部の集まりに帰還したのですが、遅くまで残った男子だけで水鉄砲で遊んだりしました。
先輩も同級生も翌日からほとんど免許合宿に出てしまうので、園芸部員とは実質しばしの別れとなります。
そのせいか帰り道ではとても寂しい気持ちに襲われました。
何だかんだで一人暮らしはメンタル面が試されます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑でボーッと過ごす午後

実験がない日というのは自主性が試されている気がしますkonaです。
2年生になってグッと自由な時間が増えました。
ウチの学部は午前は講義、午後は実験という流れが明確なので、
実験を取っていない日は憧れの大学生活(?)を実践できそうです(笑)

さてそんな実験がない日の午後なのですが、
今日は昼ごはんに目玉焼きを食べたあとは園芸部の畑に行きました。
サトイモの芽が増えてきて良い感じです。
アイスティーでも飲みながら優雅っぽい午後を過ごしていると、
学生寮のクリーニング屋のオバチャンがやってきました。
このオバチャン、数年前には園芸部に色々と手助けをしてくれていたとか。
シーツを汚して怒られた思い出が強いオバチャンだけに身構えてしまいましたが。
ジャガイモの品種やウリの話をしてくれました。
しかし話をしているうちにわかるのが、やっぱり園芸部は知識不足なわけです。
農学の人がいないので見よう見まねでやっているので仕方ないのですが…。
畑の管理者としては頑張りたいところです!

Dsc01581
▲ 園芸部の畑. ジャガイモと、とうだちした細いコマツナが見える.

その後は友達が来たり、後輩と待ち合わせをしたり…
畑でずいぶん長い時間を過ごしてしまいました。
新しい後輩の知り合いができたのが今日一番の収穫です。

虫写真がないのも寂しいので、後輩が見つけたルリカミキリを載せます。
友達のなかにはカミキリを結構採っている人がいますが、
自分も勉強したい分野です。

Dsc01598
▲ルリカミキリ(2010.6.4,茨城県

Canvas1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京で石起こし

春休み、久しぶりに母校の生物部の活動に参加しました。
久々の採集を!という意気込みでしたが、気温が低くて昆虫はあまり飛んでいない様子…。
大型の虫はせいぜいヨコヅナサシガメくらいでした。
仕方ないので石起こし作戦に変更すると、ダンゴムシの大集団やニホントカゲなんかもいて、なかなか面白い感じに生物がうごめいていました。

20100401145406
▲トビズムカデ?(2010.4.01,東京都)

石の下に大きなムカデがデーン!と居座っているのは、ちょっと迫力があります。
都市部ではそれほど馴染みがないムカデなので、こんな所にもいたかと意外な感じです。
ちなみに、トビズムカデの仲間はかなりややこしく、本州・四国・九州にアオズムカデという別亜種がいるらしいです。
別亜種が同じ地域にいるのか??という疑問の上に、さらにアカズムカデなんてのも出てこられると全くわかりません(汗
調べてみないとわかりませんが、この写真のムカデも一体どれなのやら。

2010040114593520100401150002
▲クロイロコウガイビル(2010.4.01,東京都)

もう1種、これは!という生物はクロイロコウガイビルでした。
※クロスジコウガイビルの可能性あり。
この数日結構な数が見られまして、全部採集しても翌日は同じ場所にいるという高密度っぷりです。
もう越冬なんてしていなくて、夜な夜なコウガイビルが辺りを這いまわっているのでしょうか。
プラナリアと同じ扁形動物で切ったら分裂して2匹になるという変わり種です。
夏になるとよく見かけますが、冬や春でも意外に沢山見られるのかもしれません。

さてさて、今日は一般受けしなさそうな生き物を紹介してしまいました。
こんなことならトカゲの写真を撮っておけば良かった…とちょっと後悔しています。
(綺麗な青色だったので。)
それにしても、石起こしはなかなか外れません。
ムカデとかに耐性があったらなかなか楽しいのではないでしょうか。

Canvas1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑のビロードツリアブ

今日は久しぶりに園芸部の畑に足を運びました。
アスパラガスの芽が出始めていたり、ホウレソウが発芽したりと、畑の様子も少し春っぽくなっているようです。

畑の様子を確認するだけで、今日は特にムシ探しをする予定はなかったのですが…。
またまた変わったヤツを見つけてしまいました。

2010032616085720100326161018
▲ 静止していたビロードツリアブ(2010.3.26,茨城県)

…タマネギの葉の上でずーっと静止していたのは妙な形のアブ。
頭の前方に伸びた口が特徴のビロートツリアブと呼ばれる種類です。
よく早春の雑木林で地表近くを飛んでいますが、いつもせわしないので写真を撮ったことはありませんでした。
それにしても何故タマネギの上で静止していたのか…
羽化したばかりなどの理由は考えられますが、何故か飛びたつことはなく、携帯でも写真を撮り放題でした。
よく見ると白っぽい毛が生えていて綺麗な昆虫です。
そろそろ林の周りにたくさん飛ぶようになるのでしょうか。

Canvas1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茨城・初探索

今日は茨城に引っ越してから初の探索を行いました。

大学の授業が早く終わったので、友達と二人で良さそうな場所を探そうという話に。まだ周囲の地理に慣れていませんが、良い機会なので自転車で出撃しました。

少し走ると、回りは畑や家、林がまばらな場所でした。畑の中を自転車で走るのは東京とは違う雰囲気で引っ越してきた事を感じさせます。すでに桜も散り始めており、ツマキチョウやモンシロチョウを中心に白い蝶が結構飛んでいます。

途中で見かけたとある木では目立たない、されど虫には人気のありそうな花が咲いていました。

花に集まっていたカミキリムシや大きなアブラムシ、それにたかるナミテントウなど。久々に色々な虫を見たのですが、友達が捕まえたのは大きなカメノコテントウでした。自然な姿では写真を撮れなかったのですが、写真自体は初めて撮りました。やっぱり大きいです。

Dsc05377Dsc05382 

左:ナミテントウ 右:カメノコテントウ

その後、川があって、その川原は砂浜状になっていてなかなか良い雰囲気でした。もう少ししたらハンミョウがいそうな場所です。

そんな話をしていた時、目の前から、羽化したばかりであろうキアゲハが飛び立ちました。小さくて色が綺麗で、輝くようなキアゲハ。どうやら水を吸っていたようです。考えてみれば、今年初のアゲハチョウ科。もう虫の季節です。

Dsc05393

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の陽気とは・・・。

2月14日。いわゆるバレンタインですが、その手の話ではありません^^;

特筆すべきなのはこの日の最高気温。

東京では21度、静岡や神奈川では何と26度を越える夏日になったのです。

どれもこれも春一番の影響らしいのですが、それにしても二月に夏日とは・・・。

季節を間違えているとしか言い様がない、謎の初夏の陽気でした。

さて、暖かい日という事で、午後には後輩の研究材料(?)たるテントウムシを探しに行きました。

日当たりの良さそうな木を見て回りますが、流石に活動はしていない様子。

越冬はやっぱ家の隙間か・・・とあきらめかけたその時でした。

目の前の木にテントウムシ発見!

Dsc04963

しかも大きさ的にはダンダラテントウっぽい・・・?後輩の研究はダンダラテントウを使っているので、まさにジャストな種類でした。

が。

掻き出したらどこかに吹っ飛んでしまいました・・・orz

結局種類も確認できなかったわけですが、もしダンダラだとしたら越冬は単独なのでしょうか。

テントウはそれ程詳しくないので集団で越冬しているのを想定していました。

たまたまなのか、単独越冬も珍しくないのか。ちょっと気になるところです。

Dsc04956

もうそこら中で梅が咲いて春っぽい雰囲気になってきました。

・・・今日は夏っぽかったですが^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は大掃除!

12月も末。2008年も末。

今週は色々あったとはいえ、さっそく冬の里山シリーズを放置してしまいました。

この課題は仕方ないので、来年に先送りです!

・・・・・・こういう考えが、というかこういうの苦手なのかもしれません(涙

さて、今日はとりあえず大掃除をしました。

昨年はあまり手の込んだ掃除はしなかったので、今年は大掛かりに。

数年分のプリントやれ、腐った昆虫ゼリーやれ、ネズミに喰われた標本やれ―。

ゴミはかなりの量だったのですが、おかげえ部屋が広くなりました。

というか、今まで随分不潔な所にいたんだなーと・・・。

まだまだ掃除は終わっていないので、また明日もやる事になりそうです。

今日の一枚は、先週見つけたハラビロカマキリ。

卵を産む場所でも探していたのかもしれません。

Dsc04784

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のセイタカアワダチソウ

今年もセイタカアワダチソウの季節が巡ってきました。

と言っても、だいぶ前からですね・・・。今はもう肌寒い季節になってきました。

昨年、ずっと写真を撮っていた近所の空き地。

そこで公園造成の工事が始まったので、今年はセイタカアワダチソウの多く生える荒地が少なく感じます。

まぁ、それはそれで良い事ですし、それでも、成功した(?)外来植物であるセイタカはその辺りにちらほらと生えておりました。集まる虫も、昨年とほぼ同じ。季節の巡りを感じるところです。

この日(10月13日)によくいたのはベニシジミ。晴れ間が少なかったからか、他のチョウはあまり見られませんでした。いつもの常連であるツチバチの仲間と、それからハラビロカマキリが何匹か止まっていました。

今度はハラビロが虫を捕まえる瞬間を見てみたいですが、なかなか見れるものではないようです・・・^^;

Dsc04298_3

Dsc04270

写真 

上:ベニシジミ 左:ハラビロカマキリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)