河川敷を訪ねて・・・①

レポート続きの9月も終わり、久々に昆虫採集に出掛けてきました。
後輩とともに向かったのは栃木の某河川敷。
今回の目的はツマグロキチョウ&カワラバッタです。
ツマグロキチョウはそれなりに珍しい虫ですが、食草があるところでは結構な数がいるという情報をもとに今回のメインに据えてみました。

茨城から車を走らせること1時間ほどで、隣県・栃木の河川敷にやってきました。
しかし!正確なポイントなどは知るよしもないので、とりあえず適当な場所に駐車。
降りると、モンシロチョウ他、白や黄色の蝶が田んぼの畦を乱舞していました。
お目当てのツマグロキチョウとはどんなものなのか…。
見たことのない蝶なので、想像もつきません。
2、3匹の黄色い蝶を捕まえてみても全部がキタキチョウでした。

まぁ、そんな簡単にはいかないか~と、
バーベキューをしている人を横目に見ながら、何の変哲もない河川敷を歩き始めた途端でした。
ひときわ小さくて、地表すれすれを飛ぶ怪しいキチョウを発見!
「こいつはただのキチョウじゃない!」
確信をもとにネットに入れると…
先のとがった羽、裏面に入る模様…!これぞまさしくツマグロキチョウでした。
到着早々初めて見る蝶と出会えてテンションも上がります。

Dsc05458
▲枯草に止まるツマグロキチョウ(2010.10.3,栃木県)

さて、よく周りを見渡してみると、同じように地表スレスレを飛ぶ黄色い蝶がちらほらいました。
地面や草によく止まるのはほとんどツマグロで、普通のキチョウとはちょっと違った飛び方をしているようです。
人気のない河川敷に移動すると、そこにも結構な数がいて、中には交尾中のものも見られました。
久々にパシャパシャと夢中でシャッターを切りました。

Dsc05463
Dsc05493

石ばかりの河原を歩くと黒いものが飛び立つのが見えました。
…なんとサブ目標のカワラバッタではないですか!
飛翔した瞬間に見える後 翅の青い模様がとても綺麗です。
人に敏感ですが、ほふく前進でゆっくり近づけば何とか逃げない程度だったので、撮影も完了…!
昼飯前に目標を達成してしまう幸先の良いスタートです。
後輩曰く、河川敷は場所によってはシジミチョウ系も面白いとのことなので、コンビニによってから別の河川敷も調べてみることにしました…
( その②へ続く)

Dsc05529
▲河原に適応した保護色を持つカワラバッタ(2010.10.3,栃木県)

Canvas1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春にだけ…

今年になって見つけた河川敷のハルジオン群落…
白い蝶たちがたくさん飛んでいる群落です。
近くには彼らの食草であるアブラナやマメ科植物がたくさん生えているのですが、蜜源としてはハルジオンやその他の草花も人気が高いようです。
ハルジオンの周りを飛び回るシロチョウの仲間は決して1種類ではなく、
よく見れば、モンシロチョウ・スジグロシロチョウ・モンキチョウとさまざまな種類がいるのがわかります。
しかし、この日一番多かったのは断然ツマキチョウでした。
ツマキチョウは体つきがモンシロチョウよりも華奢で、直線的に飛ぶ姿が遠くからでも見てわかります。
この蝶は年1化といって、4、5月の"春"にしか姿を現しません。
ちなみにツマキチョウは雄と雌で模様の色が違うので、簡単に雌雄を見分けることができます。
ハルジオンの周辺で多かったのは、羽先が黄色の雄ばかり。
雌は15頭に1頭くらいしか見かけませんでした。
雌は産卵にいそしんでいるのか、それとも他の事情があるのか。
それについてはわかりませんが、老いた個体が多く、ツマキチョウもそろそろ見おさめのようです。

Dsc00778Dsc00991
▲ ツマキチョウの雄(左) と雌(2010.5.10,15,茨城県)

Canvas1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏遅く。

GW2日目。
久しぶりに東京の郊外に散策に出かけました。
中学・高校時のメインフィールドの林なので、例年通りハナムグリ類がハルジオンに群がっているのを想像していました。
ところが予想に反してハルジオンはほとんど開花しておらず、今年の春…というか初夏は遅いようです。
この間の雪が響いたのかもしれません。

とはいえ、ムラサキハナナの群落ではスジグロシロチョウが盛んに追飛しているなど、決して昆虫が見られなかったわけではありませんでした。
4月的な雰囲気というのが正しい表現です。

Dsc00438
▲ 飛翔するスジグロシロチョウ(2010.5.2,東京都)

ほかに見つけたのは写真の大きなイモムシでした。
冬に見つけていたエノキの木をよく見てみると、新芽に交じってナメクジ型のイモムシが付いていたのです。
この形ということは、ゴマダラチョウ・オオムラサキ・アカボシゴマダラのいずれかなわけですが…、果たして正解はどの種であるのやら。
越冬中の幼虫を区別するスキルしか持っていないのでよくわからないです。
冬に見たときはこの木にはアカボシしかいなかったので、これもアカボシゴマダラだと思うのですが、実際どうなのかは目下調査中です。

外来種・アカボシは現在分布拡大中で、今年あたり茨城南部にも到達する勢いです。
そろそろ現在のフィールドでも見る日が来てしまうのかもしれません。。

Dsc00449
▲ エノキにいた幼虫(2010.5.2,東京都)

Canvas1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蝶の季節

4月も末。
雑木林も新緑の季節になりました。
今日は天気も快晴だったので、近所の山まで虫とりに行ってきました。
たくさん虫が来る花…というのは、まだあまり見当たらなかったのですが、
登山道の入り口ではルリシジミに出会いました。

Dsc00074
▲ ルリシジミ(2010.4.25,茨城県)

今年はまだ初見のルリシジミ。口ふんを伸ばして水を吸っているようです。
その後は沢沿いの登山道をゆっくり登ったのですが、途中変わった飛び方のトンボを見かけました。この時期の沢沿いとは果たして何者なのか。
かなりの長時間粘ったものの写真を撮ることも本体を採ることもできませんでした。
また来た時には正体をつかみたいです!

さて、いつの間にか頂上に出たのですが、そこは越冬した蝶たちの縄張りでした。
ヒオドシチョウやキタテハが盛んに追尾しあっていて、
激しく飛ぶ蝶を久しぶりに見た気がします。
そのほか、アゲハ・キアゲハ・アカタテハなどもいて、世の中はいつの間にか蝶の季節になっていたみたいです。
先週の雪が嘘みたいな一日でした。

Dsc001722
▲ ヒオドシチョウ(2010.4.25,茨城県)

Canvas1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミドリシジミの越冬

今年の冬もどうやら終盤のようですが、そういえばミドリシジミの越冬について書くのを忘れていました。

今からもう2カ月も前…。
毎日凍結する近所の池でのことです。
壊れた自転車を修理している間、暇つぶしということで池の周りを散策していました。
この池は昨年の夏にミドリシジミの撮影をずっと試みてきた池。
そうだ!と思いついてミドリシジミの卵を探すことにしてみました。

ミドリシジミは卵で越冬することが知られていて、食草のハンノキの枝先で卵が採れるのだと言います。
ミドリシジミとの付き合いは昨年からなので未だ卵を見たことはありません。
本当に付いているものなのか~?と思いつつ枝先を見ると…

Sany0092
▲ ミドリシジミの卵(2010.1.15, 茨城県)

お…おぉ!
しばらく探していると本当に小さな卵が見つかりました。
ちゃんと特徴的な模様をしているので、ただのゴミってことはなさそうです。
春になったら「芽」が出るであろう場所に卵は産み付けられていました。
幼虫が孵化したら目の前にはやわらかい新芽があるという寸法なのでしょうか。
ずいぶん上手いことやるなぁと、母親に感心してしまいます。

ハンノキはこの日目立たない花を咲かせていました。
春が来たら緑が芽吹いて、ミドリシジミも孵化するに違いありません。
成虫の飛翔写真をチャレンジする前に、幼虫を観察してみようと思います。

Sany0080
▲ ハンノキの花

Canvas1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エノキの落ち葉と3種の蝶

クリスマスの夜。イモリの眼の解剖を最後に今年の大学の授業も終了・・・。
今は東京に戻ってきて、実家でゆっくりと過ごしているところです。

そんななか、昨日は高校の後輩とともにゴマダラチョウの幼虫を見に行ってきました。
ゴマダラチョウは今の時期幼虫で越冬をしているので、
食草・エノキの根元の落ち葉をめくればナメクジ型の幼虫にお目にかかれるというわけです。

ちなみに今回の雑木林では、落ち葉の裏によく似た3種類の幼虫が越冬しています。
3種とはゴマダラチョウと国蝶・オオムラサキ、そして外来種・アカボシゴマダラのこと。
この3種の幼虫は本当によく似ていて、形も大きさも同じくらいで、どうしてこんなに似ているのか不思議なくらいです。


Sany0141Sany0150
左:オオムラサキの幼虫 右:アカボシゴマダラの幼虫(09.12.28,東京都)

アカボシ、ゴマダラ、オオムラサキの幼虫はどれもエノキの根元で越冬するわけですが、エノキの「葉」で越冬するわけではないらしく、コナラなどの葉の裏にもたくさん幼虫がいました。
上の写真のアカボシゴマダラの幼虫もエノキの葉にいるわけではありません。
単に落ち葉の裏が越冬に適しているのか、エノキの根元であれば種類は問わないようです。

Sany0152Sany0140Dsc04723
左:アカボシゴマダラ 中:オオムラサキ(09.12.28)右:ゴマダラチョウ(08.12.16,東京都)

ちなみにこちらは幼虫たちの顔。
この顔から種類を見分けられる人がいたら相当の観察力をお持ちです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

彷徨うジャコウアゲハ、その後

以前の記事で書いたジャコウアゲハの前蛹。
一向に蛹になることもなく、やはり死んでしまったのだとがっかりしていました。
しかし、前蛹ができてから2日もたった10月6日、朝外に出ると何と蛹化中のジャコウアゲハが迎えてくれました。

Sany0076

「なんて長い前蛹期間なんだ…!」
と思いつつも、くねくねしながら皮を脱ぐ蛹を見てなかなか嬉しくなりました。
と、さらにしかし、夜になっても蛹の皮は脱げきっておらず、どうにも妙です。
翌日も幼虫の皮はつきっぱなしで、もう蛹は動いていない様子でした。

これはやはり何かがおかしい。と思った翌日、台風で蛹は近くに落下していました。
よく見ると、何かが出てきたような穴が開いていて、やはり寄生虫にやられていたのかもしれません。
近くの別の前蛹の死体にはナメクジが集まっていたのですが、
ナメクジが生きている蛹を襲ったかどうかは定かではありません。

Sany0141

▲ ジャコウアゲハの蛹(2009.10.8,茨城県)

しかし、ジャコウアゲハも死んでばかりではないらしく、すぐ近くの窓の浦には、別のジャコウアゲハの蛹がついていました。
他のアゲハチョウとは一味違うオレンジ色の蛹、ようやく見ることができました。
この場所において、蛹はその前蛹の数のわりに本当に少なく感じました。
毒のあるジャコウアゲハとはいえ、蛹に至れるものは数少ないという事なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の通過とその傷跡…

10月8日。関東地方に接近した台風18号の影響で大学は休講でした。
休みか~!と思いつつも、どうせ雨なら勉強でもするかとたまには思っていたのですが、朝起きると意外にも青空が広がっていました。
しかし、とてつもない突風…
駐輪場の自転車はドミノ倒しになり、大学の木も何本か倒れていました(汗

学校が休みになる台風なんて凄い久しぶりなのですが、
台風の南東側は雨がなく風が凄いとも聞きますし、今回の台風はやはり威力が高かったのかもしれません。

さて、それでも午後には衝動(?)が抑えきれずに外に出てしまい、その他翌日に撮った写真も載せておきます。
台風の影響で道には様々な木の実が落ちていたのですが、中でも面白かったのがナツメの実。リンゴみたいな味がする…と、前に友達と食べていた実なのですが、台風で無数に落ちていました。
落ちたナツメは台風の傷跡です。とはいえ、そこには結構昆虫が来ているようで、チョウやハエに混ざってヒメスズメバチも来ていました。

Sany0146Sany0148

▲ ナツメに来たヒメスズメバチ(2009.10.9,茨城県)

ナツメに夢中な(?)ヒメズメバチ…。
近寄っても威嚇すらしてきませんでした。
ヒメスズメバチはおとなしい方らしいですが、久々にスズメバチへの接近です。

こちらは今や関東のどこにでもいるツマグロヒョウモン。
台風の過ぎたあとのまぶしい光でちょっと輝いているようです(笑
実際は強風の中、頑張ってセイタカワダチソウにくっついている様子です。
そういえば、外来種とはいえ、セイタカが咲き終わると虫の季節が終わる気がします。
これが咲いているうちはまだ楽しめそうです。

Sany0101

▲ ツマグロヒョウモン(2009.10.8,茨城県)

http://homepage3.nifty.com/kontyuunote/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彷徨うジャコウアゲハ

最近ジャコウアゲハの幼虫を毎日のように見かけます。
毎日食草のウマノスズクサを見ているわけでもないのですが、
とにかく駐輪場やアパートの壁に付いているのです。

どれも終齢幼虫らしい立派な体つきなので、おそらく蛹になる場所を探しているのでしょう。
今の時期だと、越冬する場所を探しているのかもしれません。
ちょっと探してみると、いくつかの前蛹が見つかりました。

Sany0051Sany0058

▲左:ジャコウアゲハ幼虫 右:前蛹(2009.10.2,茨城県)

…しかし前蛹ばかりで蛹が全く見つかりません。
あるのは前蛹だけでこの日から一斉に蛹になるのかとも思ったのですが、
近くには前蛹の死体もいくつかありました。
様子を見る限りでは、寄生虫にやられたようで、脱出した穴らしきものがあります。
蛹が無いのは、前蛹が結構な確率でやられているからなのでしょうか。

Sany0004

▲ ジャコウアゲハ前蛹の死体(2009.10.2,茨城県)

翌日、本格的な雨が降りました。
夜にサークルから帰宅したとき、ふと昨日の前蛹はどうなったのかと思って見てみると、
そこにはナメクジに群がられているジャコウアゲハがありました・・・。
雨で死んだのか、ナメクジにやられたのかはわかりませんが、
とにかく蛹になるのも結構大変なのかもしれません。
ところで、ジャコウアゲハはウマノスズクサの毒を貯めこんでいて、
その「マズさ」によって鳥から身を守っている蝶です。
そんな毒のあるジャコウアゲハを、ナメクジや寄生虫は食べるのでしょうか。
しかし、何かしらの天敵はいるのが妥当ですから、こうした小さな生物が敵なのかもしれません。

そして今日、もう1匹前蛹を見つけました。
今度の前蛹は無事に蛹になって、あのオレンジ色の鮮やかさを見せてくれるかどうか。
また見ていこうと思います。

Sany0003

▲ジャコウアゲハの前蛹。(2009.10.4,茨城県)
黒い糸状のものが出ているのが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強行!筑波山2009・初秋

この日は以前からの計画通り筑波山に行ってきました。
交通手段は自転車。供はカズンさん…、目的はミカドミンミンです!

ミカドミンミンというのは、全身緑色の、いわば色違いのミンミンゼミのこと。
筑波山付近はその出現率の高い地域の一つであるらしいのです。
知る人ぞ知る?面白昆虫ではないでしょうか。茨城に来て筑波山に登らないのも勿体ないですから、二重の目的をもっての出撃です!

-------------------------------------------------------------

今年は残暑も穏やかで、早くも秋が色濃くなってきています。茨城でも稲が実りの季節を迎えており、道の両側は黄色一色…。
筑波山を背景に、東京の宅地では見られない光景が何だか嬉しくなります。

Sany0156

そのような黄金色の田んぼを抜けて、あと少しで登山口という時でした。目の前を大きなナガサキアゲハが横切り、花に止まっていました。少し前まで全然見られなかったナガサキアゲハですが、今年は関東でもきわめてよく出くわします。
そんなナガサキが、大きな羽をひらひらさせて花から花へと移っていたわけですが、写真を撮っていたところ、急にバタバタ!!と羽音をたてました。何だと思ってみてみると、地上4mはあろうかという花にカマキリがいたのです。
まさに一瞬。巨体が捕まる瞬間を目にしました。
カマキリは結構小柄のようなのですが、ナガサキは逃げることもできず、その羽の破片が舞い落ちてきました。
目の前で繰り広げられた、ちょっとした自然の営みでした。

Sany0173

ハラビロカマキリに捕えられたナガサキアゲハ(2009.9.6,茨城県)

さて、そこから自転車で急な坂を登ることしばらく…、筑波神社に到着しました。この辺りからミカドミンミンがいるらしいのですが、落ちているミンミンゼミは普通の色。
そう簡単に捕まるものではないようです。
麓には時期が微妙とはいえミンミンゼミが鳴いていましたが、とりあえず山に入ってみることにしました。
登山道を登っていくと夏の終わりを告げるツクツクボウシばかりが目立ちます。
ミンミンゼミの声はぱったりと途絶え、ごく稀にエゾゼミの声が聞こえるくらいです。
ちなみに初めて筑波のエゾゼミの存在を確認したのですが、姿までは見られず…。
そのうちに、特別保護地区に入ってしまったので採集も断念してしまいました。
さて、ここからは登山のための徒歩が続きますが、
ここで思ったのは標高の高い場所ではもうセミが鳴いていないことでした。
上の方ではもう気温が低すぎるのかもしれません。

男体山を経て女体山へ…。眺めはとても良く、関東平野の地平線や霞ヶ浦がよく見えました。以前、冬の新宿の高層ビルから筑波山を見たことがあるので、冬の澄んだ空ならばもっと眺めが良いに違いないです。
とは云いつつも、今日もとても澄んだ空。
頂上付近ではスミナガシが飛んでいたのですが、その背景はどこか秋空でした。

111Sany0220

左:頂上のノシメトンボ 右:スミナガシ(2009.9.6,茨城県)

登り始めが遅かったので、山を下り終えた頃にはもうすっかり夕方に!
ただ、麓の川ではヤンマ類が多数飛んでおり、ルリボシヤンマと思われる個体を捕まえました。トンボを注視するようになったのは最近なので、ルリボシヤンマとオオルリボシヤンマの違いがよくわからないのですが、 まぁそんな感じかなと^^;
茶色い体がちょっと新鮮でした。

Sany0235

ルリボシヤンマ(?) (2009.9.6,茨城県)

さて、トンボともおさらばすると、もう太陽が沈みかけているのに気付きました。目的のセミは全然ダメな結果でしたが、普通に登山が楽しかった1日でした。しかし、ミカドミンミンの失敗はなかなか悔しいもの…、来年こそミカドミンミンをこの目で見ようとここに宣言しておきます(笑

Sany0256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧