旅の前に....

7月20日。
本格的な夏休みシーズンとなって今日も夏空が広がっていました。
実は明日から3週間に及ぶ長旅が始まります。
午前中に残った仕事を済ませ、午後からは7月最後の茨城採集へと車を出しました。
目指したのは筑波山系の某所。
事前に仕掛けておいたバナナを昼夜1回ずつ見てまわり、その間は同行の友達とのんびり過ごしました。
昼間のトラップにはアオカナブンやムラサキツヤハナムグリが。
夜には65mmを超えるミヤマクワガタを採集。ハナムグリ好きとしては、本土で初めてその姿を見たムラサキツヤが一番うれしいところです。
ハナムグリ類はノリウツギには集まっていなかったので仕掛けた効果がありました。

Dsc02745Dsc02783
▲ 採集されたムラサキツヤハナムグリとミヤマクワガタ(2010.7.20,茨城県)

「さらば茨城!」
眼下に広がる夕方の町並もしばらくお別れです。

Dsc02779
▲ 夜を迎えつつある茨城県

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の樹液

先日適当に自転車を走らせているとしたたる樹液を2つ見つけました。
「これはこれは…」
…なかなか良い樹液です。
サトキマダラヒカゲの飛び回るクヌギにはメクレも多く、東京だったらヒラタが採れそうな雰囲気です。
ところで、家の周囲は妙に樹液が少ないのです。
せっかく東京を出てきたというのに、乾燥した森ばかりでちょっと残念でした。
今回の木はそこそこ家に近いので、今年は何か採れるかもと期待しています^^

そういえば、外来種・アカボシゴマダラが神奈川を発ってはや数年。
すでに守谷まで来ているらしいと聞いたので、今年あたりにはこの樹液で見てしまうやもしれません。

Dsc01587Dsc01582
▲ コクワガタ雄(左)と樹液に来た虫(右)(2010.6.3,茨城県)

この日は大きなコクワガタがメクレの中に潜んでおりました。
立派な大あごを振りかざして威嚇中の彼…
4cmは超えているようで、ここまで来ると一瞬、ヒラタか!と思わされます。

Canvas1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWの山地行

GW3日目。
朝に東京を出発して友の待つ茨城へ。
渋滞のせいで3時間もの孤独な運転を楽しんでしまいました…。
そんなことはともかく、今回のGWのメインは群馬方面への採集行でした。
目指すは標高1500m以上の某所。
狙うは未だ見ぬツヤハダクワガタです。

今回のことは改めて採集記を書くつもりなので割愛しますが、
ついに人生初のツヤハダクワガタをゲットしてしまいました!
「目標通りのものが採れるのは不吉すぎる!」と序盤の運の良さが不安でしたが、無事に茨城に帰ってこれて安心しています。

Dsc00525
▲ ツヤハダクワガタ(2010.5.4,群馬県)

クワガタ離れしたフォルムが独特なツヤハダクワガタ。
雄の大あごには噂の(?)黄色の毛が。
幼虫・成虫ともに1つの材から出たのですが、圧倒的に幼虫が多く見られました。
出した幼虫は以前のコルリよろしく、母校の恒温室で羽化させてみたいと思います。

Dsc00522
▲ ツヤハダクワガタの幼虫(2010.5.4,群馬県)

Canvas1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クロカナブンの幼虫

ようやく茨城の住まいに帰還…
明日か明後日から久しぶりの授業を受けることになります。

実は飼育中の成虫はほとんど茨城で飼っているのですが、今度のインフルのせいでエサをやらずに10日ほども経ってしまいました。
死んでいるのではないかと心配だったのですが、飼っているのはハナムグリ亜科ばかり。
カブトほど食べないというか、ほとんどエサは残っているほどでした。
やはりカブトほどは食べないようです^^;

さて、それよりももっと嬉しかったのは、クロカナブンがついに卵を産んでくれたことでした。
今まで色々なセットを組んでも全然産んでくれなかったクロカナブン…。
今回こそはケースの横や底には幼虫が見えていました!
腐葉土セットと発酵マット+朽木のセットの両方で幼虫が見えており、
意外とどんな場所でも産卵できるのかもしれません。
今、アオカナブンの飼育記を本家HPの方で制作中ですが、
クロカナブンなど他のハナムグリ系も多数いるので近々UPする予定です。

Sany0374

ケースの底に見えたクロカナブンの幼虫(2009.9.28)

こちらは、ゴールデンウィークに割り出したルリクワガタ系の幼虫が羽化したもの。
種類はまだ調べていませんが、ルリクワ系はどうやったら見分けられるのやら。
もっと勉強しないとわからなそうです^^;

Sany0366

関連ページ:飼育記-クロカナブンは以下より(http://homepage3.nifty.com/kontyuunote/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新型インフルエンザによる強制連休!

シルバーウィークもあっという間でした!と挨拶をするつもりだったのですが・・・。
現在"強制連休"によってまだ学校に行けない日が続いています。
ようは出校停止なのですが、大学に行ってはいけないといえば、今流行りのアレ。
つまり新型インフルエンザにかかってしまったのです…(汗

ちなみに発症したのは長野の山の中でして、泊まりがけで友達と今期最後のクワガタ採集に来ていた時でした^^;
車で寝ている時、「何か熱っぽいなー」と思っていると、ふと連休初日のことが頭をよぎりました。
久しぶりに来ていた高校の生物部で後輩が一人体調不良を訴えていたのです。
メールで聞いてみると「新型インフルエンザでした。」の返事(汗
その瞬間、新型を確信しました。

まぁ、帰りは栄養剤でだましだまし帰ってきたのですが、翌日病院行ったら「インフル陽性ですね~。」とのお言葉。
予想通りでしたが、結局木曜と金曜は学校は休みになってしまいました。

勉強遅れてしまったんじゃないかと心配ですね~…。
というか、それ以上にせっかくヒメオオ狙いで高い山に行ったのに新型を発症するなんて…!
今回の1泊2日の採集は強力なネタ採集となってしまいました。
寝袋忘れたり、車のキーを落としたり、新型だったり…
今度ちゃんとした採集記でも書こうかなと思います。それでは。

Sany0347

ルリクワガタ属の産卵痕(?)(2009.9.22,埼玉県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合宿2009 -日光編-

今夏最後の合宿も終わってしまいました。たび重なる合宿のおかげで、貯金は0になり、親からの借金も増えてしまいましたが、全てそれなりのものでした。

最後の合宿はサークルの旅行で日光へ。日光に行ったのは初めてです。今回は虫目的の旅行ではないので、普通に東照宮に行ったりと久々の観光を楽しみました。

Sany0026_2Sany0155

左:日光東照宮 右:華厳の滝

ただ、多少の空き時間は虫を探す方向に足が動いてしまうので、辺りの木や街灯を見てきてしまいました(笑 写真の撮れた虫をちょっと載せておきます。

さて、日光はかなりの高地でもあるので、アキアカネが半端なく多かったです。アキアカネは夏の間を高地で過ごすという、移動性の高い昆虫。日光はそうした"避暑地"の1つであるようです。そんな彼らは、秋の訪れとともに平地の産卵場所に向けて飛んでいくわけですが、それももうすぐの事かもしれません。

Sany0007Sany0008

左:アキアカネ 右:ナツアカネ(2009.8.24,栃木県)

ある場所ではヤナギが多く生えていたので、何かクワガタが来ているのではないかと思って探していました。結局、何も見つからなかったのですが、たまたまナミオトシブミが葉を巻いているところに出くわしました。オトシブミが卵を産むために作る葉のゆりかご。その制作現場でした。ナミオトシブミは何気に初めて見る種類なので、これが一番の収穫だったかもしれません^^;

Sany0124Sany0132 

写真:葉に切り込みを入れていくナミオトシブミ(2009.8.25,栃木県)

おまけで、街灯採集でアカアシとミヤマの♀が1匹ずつ採れました。下見もなしだったので、採れただけラッキー?です!それにしても、肌寒いくらいの気温が続いていて、もう夏が終わるなーと思わされてしまいます…。夏休みもあと少し、何か面白いことがあると良いです。

Sany0056

アカアシクワガタ(2009.8.24,栃木県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩夏の始まりと自然観察会

  8月15日、今日は東京の丘陵地まで出かけました。もう8月も峠とあって、山は早くも秋の気配が感じられるほど。樹液にはクロカナブンなどの晩夏の昆虫が集まっていました。

Dsc08790Dsc08801 

左:ノコギリクワガタとシロテンハナムグリ 右:クロカナブン(2009.8.15,東京都)

さて、今回の目的は自然観察会に参加すること!知り合いが中心を務めていて、前々から参加したかったのですが、都合が合わず今日が初めてでした。今回の観察会は主に植物やキノコについてだったのですが・・・、やはり植物・菌類は知らないことが多いです!なかなか勉強になりました。

Dsc08805

こちらは、最近侵入してきたというユメノシマガヤツリというカヤツリグサです。見分けにくいイネ科植物ですが、これは夢の島で発見された種類。これまで丘陵では見られなかった外来植物です。あまり大きい図鑑を持っていないのでわからないのですが、それにしても、植物の見分け方は本当に難しそうです…^^;

Dsc08838Dsc08812

ちなみに今回は雨が降ったあとで状態が良いキノコが多いようで、イグチ科のキノコが多く見られました。傘の裏がまるでスポンジのようになっているのがイグチの特徴だとか。それにしても、キノコに至ってはほとんど無知ですから、名前すら覚えられまえんでした(涙

生き物とは実に沢山の種類がいるものだと実感した1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の東京クワガタ採集

久々の高校のあとは、後輩たちが家に泊まりに来ていました。

これまた久しぶりのゲーム三昧の翌日、暇ができたので皆で採集へ…。まだ微妙に不慣れな車を操って採集地に行くと、待っていたのは今までの樹液ポイントの消滅!

…早くも一行には解散ムードが(汗

しかし期待できる場所もあったので、一旦ドライブしたり近くの食堂でグータラしたりする事を決定。その直後に後輩がコカブトムシをget!去年は採れなかったので久々に身ました。この森では4回目。しかも、前の3回は全部隣の木だったので、この辺りはコカブトが好む場所のようです。

Dsc08607

コカブトムシ(2009.7.30,東京都)

さて、夜を待って行動開始…。コクワがチラホラ見えるくらいで、個体数も種類数も控え目の今日…。微妙な気分で唯一の「期待のポイント」をライトで照らしました。

Dsc08610_2

おぉ!これは…。鹿児島でヒラタ修行(?)をしたばかりの身としては、何かビビッと来るものがありました。絶対ヒラタだと確信して、試行錯誤ののちに取り出してみると…

Dsc08611 

やはりヒラタ!

体長は51mmでした。東京ではだいぶ良い方だと思います。

結局今回見つけたのは、ヒラタ1匹とコカブト1匹、それからコクワが1匹。あとはカブトムシがオス2匹にメス3匹でした。もう7月の末。カブトの季節がやってきたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹液の知らせる夏の兆し

先週の土日。

カブトが羽化してゴソゴソしてる!という連絡が実家から入ったので、カブトも引き取るべく東京に戻りました。狭い新居がさらに狭くなるのだから考えものです^^;

しかしまぁ、折角なので高校時代の後輩とともに山に行く事にしました。運転の練習も兼ねて車での出撃です。やはり慣れた林は虫も見つけやすいというか、到着後すぐに大きなスジクワガタを後輩が発見。大きさは測りませんでしたが、30mm近くあるようです。クヌギからは当然のように樹液の吹き出る季節で、コクワガタなんぞは至る所に潜んでいる様子。スズメバチが往復して、夏の雑木林を感じさせていました。

Dsc06618Dsc06626

スジクワガタ(2009.6.7,東京都) 

カッコイイ!と3人でスジクワガタをべた褒め…(笑。オオスズメバチの写真も何枚か収めました。茨城では今のところたいした樹液を見つけられていないので、何だか久しぶりの光景です。いや、茨城でもスズメバチやクワガタはいるのですが、何か違う感じがするのです。探索が足りないのかもしれません。梅雨になって曇り空の毎日ですが、時折差し込む陽の光は、すでに夏の暑さでした。

Dsc06665

オオスズメバチ(2009.6.7,東京都)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コルリ求めてルリ拾う…?

5月4日。ゴールデンウィークも半ばの今日、奥多摩方面に採集に行きました。

同行は今朝到着したカズンさんと、両親と4人。車の練習を兼ねて…という事だったので、目的地到着後はカズンさんと二人だけでした。そんな今回の目標はコルリクワガタ。若干時期が早いらしいですが、この季節の山地は初めてなので、採れなくても何かいるだろうと期待していました。

さて、林道を徒歩で少しずつ登っていくと、いたる所でサカハチョウが飛んでいます。これでもか、というくらいサカハチョウばかりでした。

Dsc05847Dsc05851 

ところで、コルリと言えばブナなどの新芽に集まる事が知られていますが、コルリコルリと言いつつ、どのくらいの新芽が良いか詳しく調べていませんでした…。これブナ?イヌブナ?何?といった感じでした。しかも挙句の果てに何も見つからず、仕方がないので、折り返したのちは朽木探しに方針を転換。沢に下りてみました。乾燥した朽木が多いなか、一つ良さそうな朽木を発見。産卵マークもありました。自分は山地の材割は経験がないので、アドバイスを受けつつ削っていくと…。

ルリのバラバラ死体を発見!

Dsc05852Dsc05853

左:産卵マーク 右:出てきた死体(2009.5.4.東京都) 

死体とはいえ、これが人生初のルリ系でした。一瞬、自分でやってしまったのかと思いましたが、そうではないようでした。もし生きていてくれたら…と思ってしまいます。そしてその後、幼虫が出てきたものの成虫はでず…。他の朽木も産卵マークだけで食痕も見つかりませんでした。柔らかい材を好むそうですが、何とも言えません。

結局、何度も沢に下りた疲れが出て林道をトボトボと歩いていると、「ルリ!ルリ!」と大きな声が!あわてて振り向くと、近くにあった大きな朽木にルリクワが・・・・。

新芽でも材割でもなく、まさか拾う事になるとは…。しかし、初めて見る成虫でした。何とか目標を達成した感じがします。その時は大喜びで見ていましたが、今思うと、こいつは何という種類なのでしょうか。普通のルリクワガタっぽい気がするのですが、今現在調べているところです。

Dsc05869

追記:調べて貰ったところ、トウカイコルリクワガタとの事でした。案外コルリだったという結果に何だか微妙な心境です^^;

コルリだったらやっぱり新芽。今度は新芽で見てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧