« 2010年11月 | トップページ

地震を乗り越えて

東北関東大震災で日本中が未だに揺れています。
地震に津波、原発のトラブル、余震に続いて、新潟や長野・静岡でも直下型地震が発生…

これでもかというくらい東日本が災害に見舞われている気すらします。
地震発生当時、私は札幌にいました。
幸い地震の難は逃れたのですが、茨城空港の閉鎖を受けて、予定通り茨城に戻ることはできませんでした。
今は東京の実家に戻ってきています。
私の住む茨城の県南も断水に見舞われていたようですが、
ようやく復旧したようです。
つくばエクスプレスや常磐線も一応動いているので県南までは出られるということで、
物流も回復に向かっているといえるでしょう。
しかし、大学はまだライフラインが回復していないし、何よりも原発が怖いですね。

12日の新千歳空港で9時間ほど飛行機を待っていた間、ひたすら原発の情報を集めていました。
時間とともに次々と悪化していく状況にとまどいを隠せませんでした。
今でも必死の注水作業が行なわれているものの放射線が現地では凄まじいと聞き及びます。
昨日は東京をはじめ関東地方の多くの都県で通常の何倍もの放射線が観測されました。
人体に影響はないとはいえ、福島原発から200km以上も離れた場所で影響が出るほどですから、福島原発ではとんでもないことになっていると思います。
東電、警察、消防、自衛隊や在日米軍など、原発付近には色々な方々が展開していると思います。
東日本の運命は作業員の方々の双肩にかかっているのではないでしょうか。
原発が安定し、東北の人々が希望をもって復興に臨めるようになることを切に祈ります。
危険な状況で作業をしている方々には、本当に感謝と敬意の心を表すしかなく、
同時に頑張ってほしいと心の底から思っています。

どうか、地震を乗り越えて、新しい東日本がやってきますように。
昔関東大震災の後、後藤新平は帝都の「復旧」ではなく、「復興」をせよと言ったように、今回も津波・地震・原発の教訓を踏まえた、より素晴らしい東北が再建されていくべきなのでしょう。
そして、そこには今回の未曽有の災害を乗り切った人々の明日への希望が込められているべきなのです。
被災地の方々をはじめ日本人全員が今回の未曽有の災害を乗り切り、一刻も早く復興の夢をみることができるようになることを切に祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ