« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

エゾゼミの羽化

Dsc02823_2

長野県といえば山。
今回宿泊している地は山の上ではありませんが、標高はなかなかの高さです。
今頃は茨城でもうるさくセミ達が大合唱している頃でしょう。
東京ではもしかしたら北上したクマゼミの声が聞こえているかもしれません。

日本人にとってセミは夏の風物詩ですが、どんなサウンドが聞こえてくるかは地域によって違うようです。
例えば関東ではミンミンゼミは都市部から山までどこにでもいますが、
西の方ではミンミンゼミは局地的であるといわれています。
では長野ではどうなのか…。
よく聞いていると、平地の住民には聞きなれないセミの声がします。
今回聞こえたのは"エゾゼミ"の声でした。

Dsc02822
▲エゾゼミ幼虫(2010.7.24,長野県)

ちょうど宿にセミの幼虫を持ってきてくれた人がいたので羽化を観察しました。
エゾゼミの幼虫は初めて見ましたが、黒っぽくてゴツイ印象です。

Dsc02828Dsc02832
▲ エゾゼミの羽化。左が18:57、右は21:12に撮影(2010.7.24,長野県)

セミの幼虫は美味しい(!)という話もありますが、
ここは大人しく羽化を見るために網戸に止まらせました。
夕飯を終えてしばらくした頃、黒い殻をやぶって白い成虫が姿を見せました。
だんだんと羽を伸ばし、寝る頃にはピンと羽が伸びきっていました。
こういう羽化写真は、色の落ち着いた成虫の写真があってこそ完成なのですが、
自分が翌朝早くに起きれなかったせいで写真を撮れませんでした…。
今頃長野の森の中でギーギーと鳴いて、山地の夏を演出していることでしょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

擬死の達人

昆虫には『死んだふり』をするものが沢山います。
例えばクワガタムシ。
採集中にポトッと落ちてきたものや、飼育中に触ってみたものなど、脚を縮めてうずくまるものがよく『死んだふり』と呼ばれます。
しかし、少しでも慣れた人ならば「あっ!こいつ死んでる!」と騙される人は少ないはずです。

脚を縮めた姿は不自然だし、グッタリさも足りないと思うのです。

しかし、その道の達人が存在するらしく、今日は虫に騙されてしまいました。
その虫の名はクロシデムシと言い、大型で強靭なシデムシの一種です。
実は今長野に来ているのですが、観光目的でも採集目的でもありません。
生態学の実習で標識再捕獲や解析などの練習に来ているのです。
主にゴミムシなんかを練習台にしているのですが、それを捕るためのベイトトラップに今日はクロシデムシが来たということです。

Sany0073
▲ グッタリしたクロシデムシ(2010.7.24)

…取り出してみると動かないしグッタリしているしで、「あぁ~、これは死んでるわ~。」
と間違いなく死んでいると思っていました。
油断したその時!
『達人』は突然動き出したかと思うとその強靭なアゴで手を噛んでくる始末。
あわてて近くに放り投げてしまいました。
シデムシが死んだふりをするイメージもなかったので完全に騙されてしまいました。

よく考えたらクワガタの『死んだふり』は木から落下するものであって、元々地上徘徊性のシデムシにとっては脚を縮めるだけの擬死は意味がないのかもしれません。
そういえば、シデムシの天敵ってどのような生物なのでしょうか?

Dsc02811

さて、歯切れは悪いですが、長旅最初の6日間は長野からお送りしました。
あまり自由な時間はないのですが、更新できたら更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の前に....

7月20日。
本格的な夏休みシーズンとなって今日も夏空が広がっていました。
実は明日から3週間に及ぶ長旅が始まります。
午前中に残った仕事を済ませ、午後からは7月最後の茨城採集へと車を出しました。
目指したのは筑波山系の某所。
事前に仕掛けておいたバナナを昼夜1回ずつ見てまわり、その間は同行の友達とのんびり過ごしました。
昼間のトラップにはアオカナブンやムラサキツヤハナムグリが。
夜には65mmを超えるミヤマクワガタを採集。ハナムグリ好きとしては、本土で初めてその姿を見たムラサキツヤが一番うれしいところです。
ハナムグリ類はノリウツギには集まっていなかったので仕掛けた効果がありました。

Dsc02745Dsc02783
▲ 採集されたムラサキツヤハナムグリとミヤマクワガタ(2010.7.20,茨城県)

「さらば茨城!」
眼下に広がる夕方の町並もしばらくお別れです。

Dsc02779
▲ 夜を迎えつつある茨城県

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街灯に集まるカミキリムシ

夏になると夜の街灯が賑やかさを増します。
といっても、繁華街の街灯ではなく、どちらかといえば山の街灯のことです。
街灯に集まるガ・甲虫・カメムシ…。それを狙う鳥や虫屋さんなどなど。

大学にあるいつもの街灯も大型種を含めて様々な昆虫が沢山来ておりました。
夏本番を迎えてとグッと数が増えたようです。
今日は妙にカミキリが目立ち、ミヤマカミキリ・クワカミキリ・アオスジカミキリと大型のものもちらちらと見られました。

Dsc02672Dsc02664
▲ 街灯に来たアオスジカミキリ(左)とミヤマカミキリ(右)(2010.7.17,茨城県)

りだったので、身近なところにいたのが意外でした。
この日は数も少なくなかったので結構いるのかもしれません。
ネムノキを食害するらしいですから、幼虫の食べ物もそこそこあると思います。
ちなみにフラッシュで焚いたら、もともとあまり青くない『アオスジ』がさらに黒っぽくなってしまいました。
なかなか派手な模様のカミキリムシです。

ところで、この日は園芸部の集まりがありました。
機会あって途中で抜けて街灯を見に行ったので帰りにミヤマカミキリを持って帰りました。
すると「格好良い!」「やめろ!近づけるな!」と、意見が二分…。
カミキリムシは好みの分かれる虫だなぁとつくづく思いました。
自分もアゴが格好良いと思いますが、たしかに体に止まったら嫌な気がします^^;

そんなこんなで園芸部の集まりに帰還したのですが、遅くまで残った男子だけで水鉄砲で遊んだりしました。
先輩も同級生も翌日からほとんど免許合宿に出てしまうので、園芸部員とは実質しばしの別れとなります。
そのせいか帰り道ではとても寂しい気持ちに襲われました。
何だかんだで一人暮らしはメンタル面が試されます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »