« VSアオダイショウ | トップページ | 弱肉強食 »

彷徨うジャコウアゲハ、その後

以前の記事で書いたジャコウアゲハの前蛹。
一向に蛹になることもなく、やはり死んでしまったのだとがっかりしていました。
しかし、前蛹ができてから2日もたった10月6日、朝外に出ると何と蛹化中のジャコウアゲハが迎えてくれました。

Sany0076

「なんて長い前蛹期間なんだ…!」
と思いつつも、くねくねしながら皮を脱ぐ蛹を見てなかなか嬉しくなりました。
と、さらにしかし、夜になっても蛹の皮は脱げきっておらず、どうにも妙です。
翌日も幼虫の皮はつきっぱなしで、もう蛹は動いていない様子でした。

これはやはり何かがおかしい。と思った翌日、台風で蛹は近くに落下していました。
よく見ると、何かが出てきたような穴が開いていて、やはり寄生虫にやられていたのかもしれません。
近くの別の前蛹の死体にはナメクジが集まっていたのですが、
ナメクジが生きている蛹を襲ったかどうかは定かではありません。

Sany0141

▲ ジャコウアゲハの蛹(2009.10.8,茨城県)

しかし、ジャコウアゲハも死んでばかりではないらしく、すぐ近くの窓の浦には、別のジャコウアゲハの蛹がついていました。
他のアゲハチョウとは一味違うオレンジ色の蛹、ようやく見ることができました。
この場所において、蛹はその前蛹の数のわりに本当に少なく感じました。
毒のあるジャコウアゲハとはいえ、蛹に至れるものは数少ないという事なのでしょうか。

|

« VSアオダイショウ | トップページ | 弱肉強食 »

蝶類」カテゴリの記事

野外関連-町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51645/31790001

この記事へのトラックバック一覧です: 彷徨うジャコウアゲハ、その後:

« VSアオダイショウ | トップページ | 弱肉強食 »