« 新型インフルエンザによる強制連休! | トップページ | クスサンと販売機 »

クロカナブンの幼虫

ようやく茨城の住まいに帰還…
明日か明後日から久しぶりの授業を受けることになります。

実は飼育中の成虫はほとんど茨城で飼っているのですが、今度のインフルのせいでエサをやらずに10日ほども経ってしまいました。
死んでいるのではないかと心配だったのですが、飼っているのはハナムグリ亜科ばかり。
カブトほど食べないというか、ほとんどエサは残っているほどでした。
やはりカブトほどは食べないようです^^;

さて、それよりももっと嬉しかったのは、クロカナブンがついに卵を産んでくれたことでした。
今まで色々なセットを組んでも全然産んでくれなかったクロカナブン…。
今回こそはケースの横や底には幼虫が見えていました!
腐葉土セットと発酵マット+朽木のセットの両方で幼虫が見えており、
意外とどんな場所でも産卵できるのかもしれません。
今、アオカナブンの飼育記を本家HPの方で制作中ですが、
クロカナブンなど他のハナムグリ系も多数いるので近々UPする予定です。

Sany0374

ケースの底に見えたクロカナブンの幼虫(2009.9.28)

こちらは、ゴールデンウィークに割り出したルリクワガタ系の幼虫が羽化したもの。
種類はまだ調べていませんが、ルリクワ系はどうやったら見分けられるのやら。
もっと勉強しないとわからなそうです^^;

Sany0366

関連ページ:飼育記-クロカナブンは以下より(http://homepage3.nifty.com/kontyuunote/

|

« 新型インフルエンザによる強制連休! | トップページ | クスサンと販売機 »

カナブン・ハナムグリ類」カテゴリの記事

カブトムシ・クワガタ類」カテゴリの記事

飼育関連」カテゴリの記事

コメント

はじめまして(^o^)/
ポリタと申します。
クロカナブンの採卵と孵化に成功されるなんてすごいですね!
自分もカナブン・ハナムグリは大好きで私の住んでいる所では少ないクロカナブンが捕れるポイントを去年発見したのでぜひブリードしてみたいのですが幼虫のマットは、どのような物がよいですかね?
どうか御教示お願いしますm(_ _)m

投稿: ポリタ | 2013年11月18日 (月) 15時10分

初めまして、こんばんは。
放置が続いているブログで申し訳ない限りです。

ポリタという名前からも、クロカナブン好きが感じられますね。

幼虫のマットですが、
園芸用の腐葉土でもカブトムシ用の発酵マットでも育つようで、あまりこだわらなくても大丈夫です。

ネックは産卵でしょうか。
底だけ固くすると良いと思います。

ただ、冬場に暖かくしておかないと、2年かかるので、長丁場になるかもしれませんが、
是非、来年はチャレンジしてみてください!

投稿: kona | 2013年11月24日 (日) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51645/31562168

この記事へのトラックバック一覧です: クロカナブンの幼虫:

« 新型インフルエンザによる強制連休! | トップページ | クスサンと販売機 »