« -稲- 9月2日 | トップページ | 晩夏のシロテンハナムグリ »

屋上のイチモンジセセリ

ここしばらくの間、屋上ではイチモンジセセリが沢山飛ぶようになってきました。毎年、秋が近くなると沢山見かけるようになりますが、東京でも一番多いセセリチョウだと思います。ちなみに、"セセリチョウ"という名も関わらず、蛾と間違えられる種類としても一番事例が多いかもしれません^^;(もともと、チョウとガ、特にセセリチョウなどは曖昧なのでしょうけれども。)という事で、今年も季節の変わり目を感しさせられているところです。

Dsc03330

稲に止まるイチモンジセセリ成虫

屋上のヘチマの花に集まり、やたら多くいるような気がするなと思っていたのですが、それもそのはずでした。後輩が稲に付いていたという蛹を持ってきたのですが、調べてみるとどうもイチモンジセセリの蛹のようです。いや・・・、最初は何かと思ったのですが、セセリの蛹は初めてだったので全然わかりませんでした。稲で作られた巣の中に入っているのですが、それがまた結構見つかります。

Dsc03240Dsc03604

(左)(右) イチモンジセセリの蛹

稲を食べるイチモンジセセリ。思い返せば、「害虫」の覧に載っていました。

|

« -稲- 9月2日 | トップページ | 晩夏のシロテンハナムグリ »

蝶類」カテゴリの記事

野外関連-町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51645/23608799

この記事へのトラックバック一覧です: 屋上のイチモンジセセリ:

« -稲- 9月2日 | トップページ | 晩夏のシロテンハナムグリ »