« ミズイロオナガシジミ | トップページ | カナブン&カナヘビ »

アゲハモドキ

山に行った時、後輩が葉っぱにペタッと張り付く虫を見つけて「アゲハ?」と一言。

でも、何かが違う・・・!

Dsc01328

正体はその名もアゲハモドキ。この蛾は昼行性。見た目はほとんどアゲハチョウの仲間のようですが、大きさは少しばかり小さい虫です。ちなみに、ジャコウアゲハに擬態しているらしいですが、果たしてこんなので天敵を騙せるのかは疑問です^^;

何だか・・・、鳥とかは構わず食べてそうな。

しかし、こういう形に進化しているという事は効果があるのでしょうが、どうも信じがたいです。

ちなみに下は元祖・ジャコウアゲハ。ゆっくり飛ぶところは似ているかも・・・しれません。

Dsc00468

|

« ミズイロオナガシジミ | トップページ | カナブン&カナヘビ »

蛾類」カテゴリの記事

野外関連-里山」カテゴリの記事

コメント

これ蛾なんですか・・・・・・

もしかしたら私が今まで見たアゲハは殆どが
これだったりして(苦笑

関係ないのですが、今日カブトムシのコンテナ整理
していたら成虫が1匹出てきました。。
もうこの子たちにとっては夏なのかな(笑

もうしばらくしたら他の子も元気に飛び出してくるのかな。

楽しみです。。

投稿: クロワッサン | 2008年6月19日 (木) 20時02分

返信遅れてしまってすいません。
これは蛾なんですよ。
アゲハに比べるとあまり沢山いるとは思えないのですが、とてもよく似ていますよね。
でも、クロアゲハに比べると全然違うようにも見えます。

カブトムシ、我が家では大盛況になっています。
彼らはエサ代がかかりますよね。
余ったバナナで凌いでいますが・・・・。

また、おいでください。

投稿: kona | 2008年6月25日 (水) 22時12分

だから進化はしないんですってば~
別に擬態しなくたって生き残ってるチョウは沢山いるじゃあないですか

投稿: 顧問T | 2009年9月17日 (木) 01時37分

T先生
まぁ、「最初から」という考えをなしにすれば、進化論的進化以外に説明できる方法はわかりませんけども^^;

他の蝶や蛾は他の方法で生計が成り立っているということじゃ駄目ですかい?
ニッチってそういうものかなと思ったのですが・・・。

それでは~。

投稿: kona | 2009年9月26日 (土) 23時21分

秋になると羽化して、集団で飛び回っている、桜の害虫の白い蛾、いますよね。あれと形が似ているので、近い種類かな?とも思いまして。よろしくお願い申し上げます。

投稿: 虹を架ける象 | 2012年5月25日 (金) 22時45分

虹を架ける象さま

初めまして。
ずいぶん放置しているブログなのですが、コメントありがとうございます。
秋になると羽化して集団で飛び回る蛾といいますと、
ウスバツバメのことでしょうか。

どちらも昼に飛ぶ蛾なので、生態が似ている点はあります。
ただ、アゲハモドキはアゲハモドキ科に属し、
ウスバツバメはマダラガ科に属するようです。
科が違いますから、少なくともモンシロチョウとアゲハチョウくらいの違いはあるということでしょう。
詳しい系統関係はわからないのですが、とても近縁という種ではないようです。

こちらこそよろしくお願いします。

投稿: kona | 2012年5月27日 (日) 22時34分

くわしい説明、ありがとうございました。

投稿: 虹を架ける象 | 2012年5月30日 (水) 20時28分

さきほどは言い忘れましたが、私の家のすぐそばを流れる箕面川では、もうすぐ蛍の時期を迎えます。
まばたきのひとつになれる蛍かな

投稿: 虹を架ける象 | 2012年5月30日 (水) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51645/21724851

この記事へのトラックバック一覧です: アゲハモドキ:

« ミズイロオナガシジミ | トップページ | カナブン&カナヘビ »