« タマムシの季節 | トップページ | 今年も奥多摩① »

蟻の戦争

夜更かしをしてしまうせいで、午前中は朝起きても朝食後にまた寝てしまいます^^;  ただし、今日は別です。新しい昆虫マットが届いたこともあって、起きて虫の世話をしていました。昼食後作業で散らかったベランダを片付けようとすると、何やら無数の蟻が白いベランダの床をうごめいています。普段からアリがベランダにいるので、どこかに巣があるであろう事は思っていました。でも、こんなにいたのか!という量です(アセアセ

しかし、どうも様子がおかしい。よ~く見てみると、互いに噛み付き合ったり、両側から噛み付いては反対側に引っ張るといった行為をしています。これが蟻の戦争か!と思って見回してみると、蟻がいたるところで戦っていました。

Sany0023

少し経つと戦闘の中心は最初の場所から移動し、一方の群れは後退している様子。後退した群れは、植木鉢の隙間から先からは通すまいといっているように、最後には植木鉢の隙間に集まっていました。無論、そこでの攻防は激しさを増します。植木鉢の外では一方的に攻撃を受ける蟻が多く見られました。

P1040603 P1040606

どんな種類なのかもわからず、巣もどこにあるのかわからないので、最後はどうなったのかわかりません。略奪は起こっていないようで、戦争の起因も不明です。ただ、30分の間、蟻達の激しい攻防が続いていました。

それにしても、1匹の蟻を集団で囲って八つ裂きにする戦法はちょっと惨い・・・かな?

|

« タマムシの季節 | トップページ | 今年も奥多摩① »

ハチ・アリ類」カテゴリの記事

ベランダ関連」カテゴリの記事

コメント

面白いですね!

投稿: ヘイル | 2009年9月23日 (水) 17時45分

ありがとうございます!

投稿: kona | 2009年9月26日 (土) 23時22分

こんばんは
ふと庭の蟻のなまえをしらべる流れで
お邪魔させてもらいました

庭にクロヤマアリの巣があるのですが
 庭をまたぎ 林の奥から 
わぁぁぁぁ っと
蟻の大群が 押し寄せてきたのです
一列ではなく 津波のように

なにがおきるのかと 思い様子をみていると
 その先に 蟻の巣がありました
こちらは2匹くらいウロウロと のどかな状景です

しかし一方で 
津波のように押し寄せる蟻達は
最初は 帰還する一軍なのだと思いましたが
 一斉に その2匹と ごちゃ混ぜになり
すべて キレイに巣に入り込んでいきました

2~3分すると 最初に来た勢いで
 ドバドバと出てきて 進んできた道を
          もどっていきました
よくみると 卵や さなぎ などを
        くわえ逃走していました
来る時も帰る時も
全力speedで 初めてみる光景に興奮しました

・・・とゆうことが今年あったので
      現在 検索しておりました 終

投稿: | 2009年12月 2日 (水) 22時36分

こんばんは!
返信が遅れてしまって申し訳ありません。

そのアリの行列ですが、とても面白いシーンを目撃されたようでうらやましいです!
おそらくですが、その一群はサムライアリによる奴隷狩りなのではないでしょうか。
サムライアリは主としてクロヤマアリの巣を襲撃し、さなぎや幼虫をさらうことが知られています。
自分の巣がわからない蛹は羽化した場所を巣と思い込むので、サムライアリの巣のために働くという寸法です。

アリはこうした奴隷狩りや、この記事の戦争のような興味深い面がたくさんある気がします。
前に一度だけ奴隷狩りを見たのですが、それ以降は縁がありません・・・。
是非もう一度見てみたいところです。

アリの生活はなかなか面白いですよね。
コメントどうもありがとうございました。

投稿: kona | 2009年12月 7日 (月) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51645/7478840

この記事へのトラックバック一覧です: 蟻の戦争:

« タマムシの季節 | トップページ | 今年も奥多摩① »